”ローベッド”にするメリットとは

ローベッドというのは文字通り「低いベッド」のことを言います。
このベッドにはおもに3つのメリットがあると考えます。
まず一つ目は空間が広く見えることです。
二段ベッドのように高いベッドだと部屋に圧迫感を感じますが、ローベッドの場合は二段ベッドよりも空間が広いため、開放感が得られます。
二つ目は高さがないことで落ち着きを得られることです。
これは個人差があるかも知れませんが日本人は昔から敷布団のように低い場所に寝ていた民族、ということもあって低い場所だと安心するのではないでしょうか。
三つ目はスタイリッシュなことです。
ホテルなどを見てみると大抵のホテルには脚付きのローベッドが置かれており高級感が出ています。
また、脚があることによってスッキリしてみえ、下の空いたスペースを収納場所として衣装ケースなども置くことができるのでまさに一石二鳥と言えるでしょう。
このようにローベッドには、三つのメリット以外にもいいところはたくさんあると考えます。